料亭と駅弁で磨き抜かれた加賀料理の伝統を今に伝える

料亭 大友楼

  • HOME »
  • 料亭 大友楼

創業 天保元年
初代大友儀左衛門

初代大友儀左衛門は前田家三代利常の頃(元禄期)、加賀藩の御膳所御料理方を務め、それ以後、代々加賀藩の料理人として、また、加越能文庫文書によれば加賀藩料理頭として八十石で勤めている。
子、儀助、官を辞し、野に下って四条園部流包丁人として天保年間に出張料理(仕出し業)を生業とし、いつの頃か近江町市場へ魚介野菜等を持ち込む近在の人達の腰掛け茶屋を兼業するようになり、藩政末期にはようやく小座敷を持った店舗らしき姿に成長した。また、初代儀左衛門は和歌にも優れ多くの弟子を持っていたことでも知られている。現在でも代々前田家の料理式や四条流料理等を家伝として厳しく受け継がれてきた。

明治維新の経済動乱期
料亭と兼業で駅弁当を販売

明治維新の経済動乱期には、先代のうち佐助翁、佐吉翁が侠気と反骨精神豊かな人物であり、家禄を放たれた士分の面倒をみたり、将来の世話好きがこうじて、いつしか人気を呼んで繁昌した。そのお陰で現在残る座敷も尾山神社門のビードロガラス(ステンドガラス)等を当時の流行を取り入れ増築された部分である。
明治13年頃の北陸線敷設運動が騒がれていた頃、往来の僚友ー藩御用達の菓子老舗ー森下八左衛門とともに前田家の呼びかけに応じて第一線にたって北陸の鉄道敷設運動に参加、東奔西走した。
こうして以来、幾多の紆余曲折があったが遂に明治31年北陸線の金沢駅が開設された。これらの功績が認められ、初めて料亭と兼業で駅弁当というものを販売することになるが、当時の風習として他人の前で大口を開けて飯を頬張るというのは卑しい者のすることだったのでまったく売れないのはもっとものことであった。しかし、世の中の進歩でこんな風習も薄らいでいったのは幸いであった。

茶室一井庵、客室
100年以上の風格の客室

茶室一井庵は、もともと加賀藩の茶道の教授所であり、武家の嗜みとして茶道を教えていた家柄の建物を後に我が社が買い取ったものです。
250年ほど前に建てられた建築物です。その正式な茶室(直心庵)は現在千家の某所である月心寺に移築されておりますが、その他の室々は全て茶室仕立てでお茶会などによく使われる風格のあるたたずまいです。

客室は大広間を含めて6室程度しかありませんが、そのたたずまいは100年以上の風格を持ち、客室ひとつひとつは独自の趣きを持っており町の中心部にあるにもかかわらず、閑静で接客に大変喜ばれております。

多くの文豪が愛した料理芸術、食文化
金沢の郷土料理-加賀料理

世は進んで昭和の日華事変・太平洋戦争の折には、国内は食糧の不足欠乏をきたし、その際には軍隊輸送の供食を命ぜられ懸命の努力を続けてきた。こんな紆余曲折の間に育った家柄だったが、伝統料理一筋に生き抜いた家として昭和22年、今上陛下北陸御巡業の際には大膳調進の御用を拝命し無上の光栄に浴したのであった。
世は文化向上発展の中にあって伝統に活きる「しにせ」も戦後多くの文人墨客が集まって来た。時に土地出身の作家室生犀星、泉鏡花など先々代と友好の深い人々や吉田健一、丸谷才一、司馬遼太郎、井上靖、三島由紀夫など多くの文豪が訪れ、舌をうならせていきました。特に、吉田健一は度々金沢に友人を誘い、金沢の味を堪能していきました。この金沢郷土料理は小説の一説に使われ、現在の加賀料理という表現は彼が伝えたものです。この加賀料理は海、山の鮮度の高い食材や郷土料理とともに加賀藩の料理文化、そして藩が築き上げてきた数々の工芸品との総合演出による料理芸術、食文化なのです。


加賀料理

かぶら寿し

かぶら寿し

金沢の冬の味覚で、最も代表的なものの一つです。
上等な大かぶに寒ぶりをはさんで、麹に漬け成熟させた一品です。


四季のじぶ(冬夏秋春)

四季のじぶ

加賀料理の代表というより、四季を通じて楽しめる庶民的なお惣菜です。煮物ではあるが「煮」と言わず「治部(じぶ)」と呼ぶ。
旬の野菜、きのこ、すだれ麩など四季折々の食材を色々取り合わせ、肉に小麦粉をまぶしてできる独特のあんを絡ませて食します。


鯛の唐蒸し

鯛の唐蒸し

鯛の中に銀杏、きくらげ百合根、麻の実と卯の花が入った季節の味覚満載のおからが詰まった独特のお料理です。


行楽用 野立弁当

行楽用 野立弁当、仕出し弁当等

5,000円~10,000円
料亭の料理が味わえる茶懐石、会議用、ご接待などに仕出し弁当を
◇松花堂弁当・・・1500円~
◇半月弁当 ・・・1000円~
◇松半月弁当・・・ 600円~
◇茶懐石弁当・・・2500円~

懐石用八寸、宴会用オードブル等
用途・予算に応じてご相談、ご注文承ります。


会席料理

会席料理

四季折々、旬の幸をふんだんに取り込んだ御料理をご用意しております。皆様心ゆくまでお愉しみください。
会席料理・・・8,000円よりご家庭でオフィスで・・・


慶弔のお料理

慶弔のお料理

加賀百万石の土地の恵みを受けた有機野菜などをふんだんに使った婚礼料理をご賞味ください。また、ご法事のお集まりの際は、精進料理もご用意してお待ち致しております。

お慶びの婚礼お座敷に花を添える鯛、海老などの日本海の新鮮な海の幸をふんだんに使って、華やかなお出迎えをご用意できます。
また、亡き師を偲んでお弔いの精進料理も、加賀料理ならではの食材でご用意しております。お気軽にお訪ねください。


お座敷紹介

春夏秋冬、その様相を変える尾山神社の社は、都心部にありながら最も静かな一角になります。その境内の間近に、大友楼料亭は喧噪を隔て、落ち着いたお座敷でお客様をおもてなししております。

大広間

大広間(35名様まで)・・・・1室

中広間

中広間(5~20名様)・・・・3室

小間

小 間  (2~6名様)・・・・3室

御茶室

御茶室(10~20名様1室 2~6名様1室

googleマップで見る

その他、ご予算等に応じて各種ご用意致します。
お座敷・加賀料理

・大広間(35名様まで)・・・・1室
・中広間(5~20名様)・・・・3室
・ 小 間  (2~6名様)・・・・3室
・御茶室(10~20名様)・・・1室
・御茶室(2~6名様)・・・・・1室
・加賀料理(夜) 10,000円より・(昼)  6,000円より
・会席料理(夜) 8,000円より・(昼) 5,000円より
・茶懐石料理  10,000円より
・仕出し料理
松花堂弁当  1,500円より
半月弁当  1,000円より

お食事、御宴会、慶弔行事、各種会合など
加陽金府 料亭 大友楼

〒920-0918 石川県金沢市尾山町2−27

TEL(076)221-0305
FAX(076)221-5465
受付時間  午前9時 ~ 午後7時まで
お座敷のご予約は3日前までにお願い致します。
(但し、お座敷の空き状況に応じて前日でもお受け致しております。)
尚、ご予算、ご希望等は御相談下さい。


Googleマップで見る

お気軽にお問い合わせください。 TEL 弁当076-221-1758
 料亭076-221-0305

お弁当、オードブル、ギフト、おせち料理など
(株)大友楼

TEL(076)221-1758(代)
FAX(076)223-4951
受付時間  午前9時 ~ 午後5時
あらかじめ日時、個数、お届け先等をお知らせ下さい。
尚、変更などは前日の午前中までにお願い致します。

ご注文、お問い合わせはお電話もしくはFAXにてお受け致しております。

原則としてギフト商品以外の郵送にての発送は致しておりません。
お弁当に関しては、基本的に10個以上のご注文でお届けいたしております。(金沢市内、金沢市近郊は配達可)
尚、ご宴会、ご婚礼、会議用弁当など用途、料金に応じて各種ご相談お受け致しております。

PAGETOP
Copyright © 株式会社大友楼ー駅弁・料亭 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.